行 動 計 画
                                    株式会社   リリー
  従業員が仕事と子育てを両立させることができ、従業員全員が働きやすい環境
  を作ることによって、全ての従業員が能力を十分に発揮できるようにするため、
  次のように行動計画を策定する。


1.  計画期間

  平成23年4月1日から平成28年3月31日までの5年間

2.  計画内容

  1) 平成23年度末までに職場における全従業員に対して育児に関する意識を
    高め、育児を行う従業員とその働き方に対して、理解と協力が得られるよう
    にすすめていく。 

  <目標達成のための対策>
   @平成23年4月以降
    育児に関する諸制度についての知識などを職場で研修を行い、管理職に
    対しては、併せてワークライフバランスなどの多様な働き方の理解を進め
    るための研修を行う。
   A平成24年度以降
    各営業所において、育児に関する意識調査を行い、各従業員の理解度を
    確認する。
 
  2) 育児休業の取得率を80%以上にし、かつ円滑な職場復帰を支援する。

   <目標達成のための対策>
   @平成23年4月以降
     全従業員に行動計画の内容について周知する。
     女性従業員だけでなく男性従業員に対しても育児休業に関しての
     啓蒙促進を行う。

  3) 子どもの検診、予防接種、学校行事への参加のための半日単位での
    休暇制度を導入する。

   <目標達成のための対策>
   @平成23年度4月以降
     営業所責任者の会議において、制度導入に向けての検討を行う。
     多様な働き方に対応する営業所の運営の見直しを図る。

  4) 小学校就学前の子を持つ従業員に対して、短時間勤務等の制度導入を
    実施する。
 
   <目標達成のための対策>
   @平成23年4月以降
     子を持つ従業員に対して、ニーズ等を把握し、制度導入に向けての
     検討を行う。
   A平成24年度以降
     制度の適正な運用のための営業所責任者に対して研修を行い、
     全従業員に周知を行う。

  5) 職業経験に捉われず、就業体験の機会を広く開放し、
    職業における実習制度を充実させる。

   <目標達成のための対策> 
   @平成23年度4月以降
     インターンシップ等の就業体験を通じて、職業興味と合わせて意欲的な
     スキルアップの仕組みを構築し、OJTのカリキュラムに段階的な到達レベル
     を設定する。
     又、OFF-JTとしての知識技術の習得を組み入れる。
   A平成24年度以降
     インターンシップ等における技術習熟の程度を評価する基準を設定し、
     公正な評価を行える訓練を指導担当者に行うとともにメンター制度等の
     人材育成制度の確立を行う。

                                                     
    

copyright(c)2000 LILY Co.,Ltd. All Right Reserved.